2020.07.13 配信
第753号 ダムが洪水・地震を引き起こす!? 大災害が起きる前に「ダムに頼らない社会」を


□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■

田中優の“持続する志” 優さんメルマガ 第753号
2020-07-13発行

http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


今日本でも豪雨とダムが問題になっていますが、中国の三峡ダムが危ないです。

しかも中国には世界最大の死者数の1975年8月の板橋ダムなど63基のダムのドミノ倒しの事故があったのをご存知でしょうか。


それに加えて「ダム誘発地震」もあります。

三峡ダムが決壊すれば日本も無傷でいられません。おぞましい話です。

ぜひ皆さんに知ってほしいです。

記事にはスリランカの数千年前からのダムの写真ぼくの撮った写真がたくさん載っています。
石木川も二風谷ダムや三和ダムも。
ぜひご一読ください。


Contents

…………………………………………………………………………………

1.ダムが洪水・地震を引き起こす!? 大災害が起きる前に「ダムに頼らない社会」を

2. おすすめ動画 追跡!真相ファイル「低線量被ばく・揺らぐ国際基準」

3.  欧州委、「Farm to Fork(農場から食卓まで)」戦略を公表。
  持続可能な食料システム目指す

4. 幻の堤防“フロンティア堤防” 今こそ

5. 納豆が新型コロナに有効!?

6. 7月15日 無料 天然住宅オンラインセミナー

…………………………………………………………………………………



1)ダムが洪水・地震を引き起こす!? 大災害が起きる前に「ダムに頼らない社会」を



 

・・・
 
 世界最大のダムとは、もちろん中国「三峡ダム」のことだ。

 今年の雨の時期、中国ではすでにいくつかのダムが決壊、もしくは「放流」が行われている。そのせいで、すでに宜昌などの地域の水害被災者は数千万人に上った。避難指示が出されている人々の数は1600万人に上る。これだけでもすごい数だが、万が一ダムが決壊したなら下流域の3億〜6億人に被害が及ぶという。


 日本の総人口の、最大5倍の人々が被災するのだ。しかもこのダムは大河「長江(日本ではなぜか支流の一つの「揚子江」と呼んでいる)」の中流にあり、下流には武漢や南京、上海などの大都市があり、中国経済の中枢がある。


 しかもダムに流れ込む水域には人口3000万人の重慶があり、工業排水や生活排水などの汚染水を川に流し込んでいる。したがって、決壊して流れ出る洪水はきれいなものではなく、ヘドロや有害物質を含んだ汚水なのだ。それが1000kmも離れている下流の上海まで流れる。(本文抜粋)




<主な項目> 


■三峡ダムが決壊すれば3億〜6億人に被害!?

■ダムの上流に堆積した土砂が洪水を引き起こしている

■三峡ダムがこのまま土砂を貯め続ければ、取り返しのつかないことになる

■中国・河南省で起きた「世界最大」のダム決壊事故

■水深の深いダム湖が引き起こす「ダム誘発地震」

■地震によって、八ッ場ダムが貯めた大量の水が都心部へと流れ落ちる!?




▼全文はこちらよりお読みください

https://hbol.jp/223069




  ↑ 土砂に埋まってしまった長野県の美和ダム


  ↑ 土砂で埋まってしまった北海道の二風谷ダム



↑ 完成前の八ッ場ダムに立てられていた看板



↑ 石木ダムが造られようとしている長崎県の石木川



 
2)おすすめ動画 
追跡!真相ファイル「低線量被ばく・揺らぐ国際基準」
 

日本の基準はICRP基準よりも甘いんだけど、そのICRP基準がすでに実際のデータよりも倍ほど甘い。
 
低線量の被ばくに甘くて、しかもトリチウムは濃縮しないとか言って海にそのまま放出しようとする国。

最低このビデオは見てほしいです。


追跡!真相ファイル「低線量被ばく・揺らぐ国際基準」 - http://www.dailymotion.com/video/xpedoe
より



「子を持つ母」の視点から、どの程度の放射線基準が安心できるのかを問う番組。
食品による内部被曝を心配しているお母さんは『国際基準』というものを全然信用していない。

一体ICRPの基準ってどうやってできたのか?真相が明らかになる・・








3)欧州委、「Farm to Fork(農場から食卓まで)」戦略を公表。持続可能な食料システム目指す

EUが「農場から食卓まで戦略」を提示。
 
まず巨大な農場のアグリビジネスをやめて、地域分散型の農業生産に変えよう。
 
そうしたら洪水になっても茶色い濁り水にはならなくなる。



欧州委、「Farm to Fork(農場から食卓まで)」戦略を公表。持続可能な食料システム目指す | Circular Economy Hub - サーキュラーエコノミーハブ

https://cehub.jp/news/farm-to-fork-strategy/?fbclid=IwAR0xYPlIOJ9A6C4np7V__Uist5rbvGo_jLcTbTW0lk5UKhhzsawgIShJHV4 より


欧州委員会はこのほど、公平で健康な環境配慮型の食料システムを目指す「農場から食卓まで戦略(Farm to Fork Strategy)」を公表した。


「農場から食卓まで戦略」は、農家・企業・消費者・自然環境が一体となり、共に持続可能な食料システムを構築する戦略だ。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、当初発表が予定されていた3月から2ヶ月ほど遅れての発表となった。同戦略が取り組む主な領域は下記の通りだ。


持続可能な食料生産
持続可能な食品加工と食品流通
持続可能な食料消費
食品ロス発生抑止

さらに注目される目標も明記されている。以下はその例である。

2030年までに殺虫剤の使用を50%削減
2030年までに化学肥料の使用を少なくとも20%削減
2030年までに畜産と水耕栽培で用いられる抗菌剤の使用を50%削減
2030年までに農地の25%を有機農地に転換









4)幻の堤防“フロンティア堤防” 今こそ

覚えておいてほしい。

必要なのは「フロンティア堤防」。

ダムはいらない。


幻の堤防「今こそ」 越水備え強化 増える豪雨災害で再評価 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/621196?fbclid=IwAR3Gnd-vd35JwgQWpNJaxu_olNjbnYNuCeWM0dAHe5mHQUGKoJfdjTpbhXc
西日本新聞  より


討論会で質問した「美しい球磨川を守る市民の会」の元事務局長二見孝一さん(56)=同県八代市=は「住民の命よりダム事業を守ることしか頭にないと思った。
堤防の強化は必要なのに、全国で計画が消えて驚いた」と振り返る。 
 

「川辺川ダム推進のため、反対理由になるフロンティア堤防が消えた。
越水対策そのものが省内でタブー視され、堤防強化の機会が失われた」

と指摘。
 








5)納豆が新型コロナに有効!?


納豆は日本のファクターXのひとつかも!


オランダで新型コロナに有効な食べ物が発表された 
しかし見た瞬間 日本人全員が「なんと!」と叫んだ

http://newsjpnet.net/archives/7278?fbclid=IwAR2rbYULkiASS0J5K6pZZzbbgAky7hHv5D5BDQOKyLW5l-e0Y1vnfcXr4CQ 
より


新型コロナウイルス感染症で死亡したり集中治療が必要になったりする人には、ある共通点があったのです。


それはビタミンKの欠乏。

ビタミンKが不足していると、新型コロナウイルス感染症の重篤化リスクが高まってしまう傾向を発見したのです。


そして研究を行ったヤンセン博士、その状態に陥ってしまうことを防ぐために、ある意外な食べ物を推奨したのです。

それはなんと、日本の納豆でした!










6)7月15日 無料 天然住宅オンラインセミナー


見た目だけ良くした家具が多いし、家なんかさんざんの厚化粧。

それを天然住宅設計士の小野寺さんがセミナーします。







■日時 2020年7月15日  10:30〜11:30
 
■場所 オンライン
※ビデオ会議システムZOOMを使用します。

■参加費 無料

■詳細・お申込み
 https://tennen.org/event_contents/6695 



どなたでもご参加大歓迎です。お待ちしています。


・・・

壁の中ってどうなっているのでしょうか?

漆喰は、何の上に塗られているのでしょうか?

フローリングを剥がしてみたら、どんな床下になっているのでしょう?

 
自然素材建築の魅力は、きれいにお化粧をした見た目だけにとどまりません。
 
天然住宅こだわりの「すっぴん」、お見せ致します!








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】

【NEW】・第213号:『 アグリビジネスか、アグロエコロジーか』(2020.6.30)

・第212号:『 ソイレントグリーン クラッカー』(2020.6.15)

・第211号:『 土からの温暖化防止』(2020.5.30)

・第210号:『キーワードは「ウエブ オブ ライフ」 』(2020.5.15)





田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。

ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。



◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、550円/月

※現在まぐまぐの都合により、 全メルマガのバックナンバーの公開を停止しております。

ご登録、バックナンバーご購入はこちらより

http://www.mag2.com/m/0001363131.html



☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、

直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DMMオンラインサロン  

 『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』

ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」 (河出文庫) http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html



■「未来のあたりまえシリーズ1 ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」 (合同出版)

http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401



■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」 (筑摩書房) http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/



■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)

http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html



★その他これまでの書籍一覧はこちらより

http://www.tanakayu.com/bookslist.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ

田中優公式HP http://www.tanakayu.com/



● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,136人!

「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。 http://www.facebook.com/tanakayupage



● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」

https://twitter.com/_tanakayu



●ブログ 田中優の‘持続する志’

http://tanakayu.blogspot.jp/



●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」 http://www.mag2.com/m/0001363131.html

活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。



●公式オンラインショップ  

https://tanakayu.thebase.in/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□

合同会社OFFICE YU   officeyu2011@ybb.ne.jp