2020.05.29 配信
第746号 キーワードは「ウエブ オブ ライフ」



□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■

田中優の“持続する志” 優さんメルマガ 第746号
2020-05-29発行

http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□



有料・活動支援版メルマガの一部を紹介させて頂きます。
毎回丹念に自分なりに調べて書いています。
ぜひご一読ください。



Contents

…………………………………………………………………………………

1.キーワードは「ウエブ オブ ライフ」

2.石けんを「有害物質」に指定? 洗剤業界の思惑か

3. 印鑰智哉さん「種苗法までが改定される? 日本の農家は苗をどこから手に入れることになるのか」

4.  綿花栽培でアラル海消滅の危機

5. 吉田俊道さん「雑草があれば2カ月で有機野菜作り始められる」常識を覆した土作りの方法とは?

…………………………………………………………………………………



キーワードは「ウエブ オブ ライフ」



ウエブとは蜘蛛の巣状のこと。。

土も腸も地球も、すべて繋がっているのです。



******************

田中優有料・活動支援版メルマガ 2020.5.15号 本文より


 インターネットでよく使う「ウエブ」という言葉。これ「クモの巣の網」を意味しているんだ。

 インターネットってのはクモの網の目のようにつながっていて、そのおかげで世界中の情報を瞬時に集めることができるんだけど、生命もまた、この網の目のようにつながっているんだ。





イメージ



 もう数週間、「ステイホーム」で閉じ込められているんだけど、その対象は「新型コロナウイルス」なわけだ。そうなれば腹も立って「ウイルスなんて絶滅させてしまえ」と言いたくなるんだけど、そんな失くせばいいだけの簡単なものじゃない。「殺菌しちゃえ」と言いたくなるんだが、ウイルスは生命体であるかどうかも微妙なものなんで、「殺菌」とは言わずに「不活化」という。何しろ自分で自らを複製できずに、勝手に宿主の機能を借用して増殖するのだ。ずるそうで役に立たない悪人のイメージがするかもしれないけど、そうでもない。

 というのは人間だって「変異の激しいウイルスからの遺伝子」から、便利な遺伝子片をたくさんいただいているのだ。


 その中でぼくが一番すごいなと思うのは、何と言っても母の持つ「 胎盤 」だ。免疫機能から考えると、血液型の異なるベビーなんて母体で育てられるとは思えない。血液型が違えば「輸血」ができないのと同じように、「異物」と認識されて排除されてしまいそうだ。免疫の仕組みであればそうなるのだから。


 ところがそれを「異物」として見ない仕組みが「胎盤」にあるのだ。胎盤でろ過するみたいに不都合なものでないものにして、血液型が異なっていたって問題なしに育ててしまうのだ。この「胎盤」という神秘の器官が与えられたのはウイルスのおかげだった。



 今「新型コロナウイルス」の問題で、まるで悪役のように扱われて「殺菌してしまえ」と言われるウイルスだが、そのウイルスは一本鎖でできた「 リボ核酸(RNA) 」を本体として、これを逆転写させることでデオキシリボ核酸(DNA)、つまり遺伝子を作る(最初からDNAのウイルスもある)。この一本鎖であることが、不安定で変異しやすい遺伝子になっている。しかし 私たちの持つ遺伝子全体のうち、約四割はそのウイルスからもたらされたものと考えられている 。


 そして私たちの体も他の生命体から譲られたものでできている。何と言っても私たちの体細胞のひとつ一つに複数存在している「 ミトコンドリア 」に驚く。それはそもそも他の生命体として存在していたのだが、あまりにもエネルギーを生み出すのに役立つため、体内細胞の中に閉じ込めたのだ。だから「ミトコンドリア」には私たちが自分のものだと信じている体細胞の遺伝子とは別の遺伝子がある。







9がミトコンドリア   ウィキペディア 典型的な動物細胞の模式図 より




 なんとこの遺伝子は母からのみ受け継がれるため、その母を辿って「母なる母」を探し出すこともできるのだ。


『1987年アメリカのアラン・ウィルソンを中心とする科学者がミトコンドリアに含まれるDNAを検討した結果、人類はアフリカで生まれ、各地に広がっていったと解釈できた。その上、現代人のご先祖はたった一人の女性で、他の系統は消えてしまったと結論づけたのである。この大先祖こそ、ミトコンドリア・イブと呼ばれている女性なのだ。ミトコンドリアのDNAは16500対あまりの塩基配列で構成されている。

ミトコンドリアは人体のすべての細胞に含まれる細胞内器官であり、生体内のエネルギーを作り出している。このミトコンドリアが持っているDNAは母親からのみ受け継がれ、父親のミトコンドリアDNAが子に伝わることはない。

こういうミトコンドリアDNAの特性に注目し、先のアランらはミトコンドリアDNAの突然変異の確立を100万年に2%と推定し、世界各地の147人を無作為に抽出し、系統樹を作成した。その結果、147人のミトコンドリアのうち、133の異なるDNA配列が見つかり、7例のアフリカ住民の型とその他の各地の型に大きく二つに分かれ、アフリカ系は他のものに比べて、それぞれのグループ内の突然変異率が2倍であった。つまりアフリカ型が年代的にずっと遡ることが明らかとなり、人類はアフリカで生まれ、各地に広がっていったと結論づけられたのである。

にわかには信用できない結論ではあるが、現代の白人のミトコンドリアには必ず、黒人のミトコンドリアDNAが含まれているにも拘わらず、黒人には白人のものが含まれていないという事実からも、この結論は妥当なものとして、受け入れられている。やはり、人類は皆兄弟なのだ。

そしてこのイブのミトコンドリアDNAは7人の娘たちに受け継がれ、その娘たちが現代人のそれぞれの先祖になっていったということだ。(ブライアン・サイクス「イブの7人の娘たち」ソニーマガジンズ、webpage;http: //homepage2.nifty.com/joumon-hakodate-ky/mitoibu.htmより)』
https://plaza.rakuten.co.jp/neckpains/diary/200603140000/




 「ミトコンドリア」の話は、「生命が他の生命体とは別に独立して存在する」という見方を否定する。人間は特別なものではなく、他の生命体の網の目の中の一つとして存在するのだ。しかもその生命体というものは、一つ単独で存在するものではなく、生命全体の網の目の一つとして存在するのだ。しかもその生命の網の目は様々な形で共生していて、取り込まれたりするだけでなくそのままの形でも共生する。




 例えば私たちの 免疫細胞 は、その七割が腸内に存在する。そしてこの腸内を作り支えているのは「 腸内フローラ 」と呼ばれる腸内細菌叢(群のこと、くさむら)だ。それらの細菌群はもちろん人間からは独立して生存している。それなのにまるで誰かが統率しているかのように免疫として機能しているのだ。


 そのため今では腸内細菌叢を調整していくことが、腸活などと呼ばれて健康の秘訣のように取り扱われるのだ。その腸内で行われている「消化活動」と、例えば畑の農地で行われる「 土づくり 」とは全く同じだ。腸内活動を大切にする「腸活」をするなら、同様に畑の土づくりもしていた方がいい。


 まさにこれと同じことを行っているのが吉田俊道さんの「菌ちゃん農法」だ。・・・


********


続きはこちらより↓

2020.5.31までのメルマガご登録で上の記事が全文お読みいただけます

登録月は無料です!

田中優有料・活動支援版メルマガ 未来レポート
http://www.mag2.com/m/0001363131.html











石けんを「有害物質」に指定? 洗剤業界の思惑か


合成洗剤メーカーのためなら、石鹸すら悪者にしようとする。

石鹸カスは貝類の餌になるけど、合成洗剤は貝類を殺す。

なのに同じ悪者にしたいらしい。



「石けんを「有害物質」に指定? 洗剤業界の思惑か 」 週刊金曜日オンライン  よりhttp://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2020/04/02/antena-684/2/



 洗濯洗剤やシャンプーなどに幅広く使われている合成洗剤関係では、九つもの物質が第一種物質に指定されている。これらの物質は手荒れを起こすなどの健康影響のほか、自然界ではなかなか分解せず、生態系に悪影響を与えるからだ。

 
 この点を石けん普及運動をする人たちに批判されている業界は、これをなんとかかわしたい。それには石けんも第一種物質に指定されれば好都合だ。そうした業界の思惑に政府は応えようとしているのだろう。






印鑰智哉さん「種苗法までが改定される? 日本の農家は苗をどこから手に入れることになるのか」


ぼくの敬愛する印鑰(いんやく)さんの記事。

なんで種苗法を気にする人たちが多いのかわかる。
 
そしてぼくも今度記事にしようと思ってるんだけど、
地球温暖化の解決策に小さな農業がとっても重要なんだ。

唯一の解決策ともいえる。

それが可能になった時、人々が農から離れていては解決策にならないんだ。

温暖化の解決策は小さな農だと思う。



「種苗法までが改定される? 日本の農家は苗をどこから手に入れることになるのか」

| 時事オピニオン | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス https://imidas.jp/jijikaitai/f-40-20-20-05-g744?fbclid=IwAR1NXUN6kSfufQ1ehB8plqIftgbA_PmmFcR3IfSNEbrmRMUXsJPtvXDmo9k


種子法廃止に続いて、農家に打撃!? 
印鑰智哉(日本の種子を守る会アドバイザー)

主な内容

種苗法とは
種子(タネ)や苗は、誰のもの?
自家増殖が大事な理由
日本の優良品種が海外に流出するから自家増殖禁止?
「自家増殖禁止にしないと新品種が作れない」は本当?
公共の種苗事業も危うくなる





イメージ



綿花栽培でアラル海消滅の危機

世界で一番農薬を使っている対象は、綿花。

綿花は栽培する際に大量の水を必要とする。おかげでアラル海が消滅の危機に。

その農薬を使用している地域では、多くの健康被害も出ている。

洋服についても、大量消費をやめる時がきている。



「ウズベキスタン 消失したアラル海に復活の期待も 綿花栽培の労働環境は改善との報告」
https://blog.goo.ne.jp/azianokaze/e/e1a35f8b5257ae1328f9c2fa7443f600
より




雪の大地を行くようだが、白く見えているのは塩湖が干上がって析出した塩だ。かつてはアラル海に面した漁村だった。湖面は今やはるか10キロ先。漁業は衰退し、塩混じりの砂がたまって学校が移転する事態も起きた。

アラル海の湖面積は1960年ごろは6万8千平方キロだったが、近年は10分の1に。

干上がった原因は、ソ連が第2次大戦後に実施した大規模な灌漑(かんがい)政策だ。アラル海に注ぐ、2千キロ以上を流れるシルダリア川とアムダリア川の水を、流域の綿花と水稲の栽培拡大に使った。








吉田俊道さん「雑草があれば2カ月で有機野菜作り始められる」常識を覆した土作りの方法とは?

吉田俊道さんについての記事、三回目の最終回。

土を作る方法だけど、この統合する方向性と分解に向かう方向性、
これが生と死の岐路なんじゃないかな。


「雑草があれば2カ月で有機野菜作り始められる」常識を覆した土作りの方法とは?(佐藤智子) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/satoutomoko/20200516-00178777/



「収穫する時より、野菜が育っている時が一番うれしい」

通常5年かかる有機の土作りが2カ月でできるように

今までの経験がすべて生かされている

年間120〜130回の講演会に呼ばれて

ベランダでも有機野菜作りができる

生ごみを発酵させて、土作りをする

フニャフニャした草より硬い草のほうがいい

今から始めれば、土作りに2カ月、夏には種がまける

使い古しの培養土が復活する

どこにもないオーガニック野菜が自分で作れる

野菜を作ると、自分が地球そのものなんだと実感する





(左 吉田俊道さん)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】

【NEW】・第210号:『キーワードは「ウエブ オブ ライフ」 』(2020.5.15)

・第209号:『 ポスト「新型コロナウイルスの集団免疫」を獲得すべき 』(2020.4.30)

・第208号:『「新しい社会へ」』(2020.4.15)

・第207号:『「新型コロナウイルス」にどう対処すればいいのか』(2020.3.30)



田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。

ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。



◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、550円/月

※現在まぐまぐの都合により、 全メルマガのバックナンバーの公開を停止しております。

ご登録、バックナンバーご購入はこちらより

http://www.mag2.com/m/0001363131.html



☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、

直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DMMオンラインサロン  

 『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』

ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」 (河出文庫) http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html



■「未来のあたりまえシリーズ1 ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」 (合同出版)

http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401



■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」 (筑摩書房) http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/



■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)

http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html



★その他これまでの書籍一覧はこちらより

http://www.tanakayu.com/bookslist.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ

田中優公式HP http://www.tanakayu.com/



● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,136人!

「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。 http://www.facebook.com/tanakayupage



● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」

https://twitter.com/_tanakayu



●ブログ 田中優の‘持続する志’

http://tanakayu.blogspot.jp/



●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」 http://www.mag2.com/m/0001363131.html

活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。



●公式オンラインショップ  

https://tanakayu.thebase.in/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□

合同会社OFFICE YU   officeyu2011@ybb.ne.jp