2020.05.26 配信
第745号 「自粛」の代償



□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■

田中優の“持続する志” 優さんメルマガ 第745号
2020-05-26発行

http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□



ついに昨日、東京なども緊急事態宣言が解除されました。
これまでの自粛を含め政府の対策はどうだったのか?

ご一読いただければ嬉しいです。



Contents

…………………………………………………………………………………

1.「自粛」の代償  

2.宇都宮けんじさん、都知事選出馬へ!

3. おすすめ動画 "土の中の銀河" 微生物多様性が支える地球生命圏|横山和成

4. 松枯れ対策 松本市、空中散布を中止 本年度 

5. 無料公開は5/27まで 

 『もっと!フェアトレード 世界につながる私たちの暮らし』

 『水は誰のものか』

…………………………………………………………………………………



「自粛」の代償  


 新型コロナウイルスの流行で、世間は何もかもが自粛ムードだ。不要不急の外出禁止、店舗の休業、学校の休校、旅行も何もかもだ。
テレビでは河川敷でのバーベキューをする人たちをなぜ「やめないのか」と詰問している。
風通しの良い空間での集まりなど、「自己責任」でしていることなのだから強制的に自粛させる必要はないと思うのだが、まるで戦時中の灯火管制みたいに「自粛」を強制する。  


 強制されるものは「自粛」ではないのに、何でもみんなの言うことを聞かないのは「非国民」みたいな扱いだ。誰かが言っているように、「強制するのなら補償すべき」だ。
 自粛して営業せずにいる人たちは、仕事をして稼いで自立することを禁じられているのだ。「働いてはいけない」と禁じているのだから、その分の補償がなければ生きていけない。営業自粛は「補償とセット」でなければ破綻させる政策になる。それなのに「破産して死んでしまえ」とばかりの強制だ。


 未だに新型コロナウイルスによる日本の死者数は増えてはいる。しかしこのまま自粛が続いてしまったら、生活手段を奪われた死者数は、これを超えてしまうだろう。これではいったい何のために何をしているのかわからなくなる。




実質成長率下がり 戻るまでに長期間
 

 今日もテレビでは自粛で休業している店主が自殺したニュースを報じていた。京大の研究グループは4月末、実質GDP成長率このままだとマイナス14.2%に下落し、19年度の水準に戻るまでに19〜27年間かかり、年間自殺者数が自殺者の増加数は累計14万〜27万人になる」とレポートした。  



 これまでの新型コロナウイルスの死者数の数十倍だ。まるで新型コロナウイルスの感染を恐れるあまり、外出せずに餓死させるような話だ。これは完全に誤った対策だ。しかし誰も間違っているとは言わない。黙って命令に従っているのだ。  



 その大きな原因に厚労省クラスター班の北大、西浦博教授の推計がある。「流行対策を何もしなかった場合、国内の重篤患者数が約85万人に上る」との試算を出し、そこから「人と人の接触を80%削減すること」が目標と述べた。

もちろんこれは検証可能な数字であるべきだが、なぜかその後になっても全く検証されていない。最も感染が拡大している東京における3月21日から3月30日のデータに基づいて推定すれば、ここからの接触削減率は四割でいいはずだ。

西浦教授は「1人の患者が何人に感染を広げる可能性があるかを指す基本再生産数」を当初の値(RO=2.5)を変えずに計算しているが、日本の東京で最も感染が拡大している時期の3月21日から3月30日のデータから推定しても、Rt(実効再生産数)は1.7である。ここから人と人の接触削減の必要率を考えると、四割(正確には41%)削減すればいいはずだ。

 西浦教授は、「従前社会に存在する人と人の接触のうち25%が「削減不可」で、75%が「削減可」としているが、八割ではそれを超える。実際の実効再生産数は、東京で1.7なのだから、ここから(Rt1.0)にするには、(1÷1.7=0.588)で、「41%削減」で足りるはずだ。その削減ならすでに4月上旬には達成できていた。

 感染から発症までの期間を含めて考えると、「安倍総理の自粛要請」や「小池都知事の自粛要請」の出される前の時点で、すでに「4割削減」が実現していたことになる。  



 そして多くの人たちにとって心配事となっている「医療崩壊」の危険性だが、新型コロナウィルス感染症患者受け入れ病床に対する重症者数の割合は、全国で11,353床の2%、東京で2,000床の3%に過ぎないという。病床のひっ迫は「軽症患者を入院させていること」が原因だ。医療機関が足りないのではなくて、軽症患者が療養する専用施設が足りないだけなのだから、軽症者用の感染防止施設を作れば足りる。  

 統計を見ればわかるように、世界的に、死者数の激増期は過ぎたと言えるだろう。実際、「こう治療すれば死亡を防げる」という対症療法的な治療法が明瞭になってきたことの効果が大きいだろう。ところがただ一つ「政策変更」だけが進まない。その理由は政策の元となるデータが明瞭にならないからだ。このままでは人為的に防げる死者数が感染死者数を上回ってしまう。まさに人為的な失敗だ。  


 最終的な落としどころは多くの人が免疫抗体を持つことで、感染しようもない人たちの壁を作る「集団免疫」を持つしかないだろう。すでに新型コロナウイルスに対する「抗体の検査」では、かなり多くの人が免疫を持っていることが判明している。しかもこの「抗体検査」は血液で調べられて、ウイルスの培養が必要になる「PCR検査」とは比較にならないほど早く簡単で、精度も高い。  




日本での失敗 専門家まかせ
 
 日本での失敗は、オリンピック開催をあきらめるまで、感染しているかどうかを調べる「PCR検査」を怠っていたこと、その後も「PCR検査」を限定的に実施し、結果、政策の基礎になるデータが全くつかめなかったこと、そして一部の専門家と称される人たちに任せきりにして、政治家が政策変更を放棄していたことにある。  


 理系ではない私にとって、「実効再生産数」という言葉は壁のように見えた。しかし調べてみると、さほど難しい話ではなかった。肝心のデータを採ることを怠り、概念を使ってマジックのように説明する「専門家」たちに任せたことが問題を大きくした。  

 まともな対策すら採ることもできず、非常事態宣言が不要になっても「政策変更」がなされない。それは政治家の仕事で、そのためのデータを集めさせるために専門家がいる。ところが今政策を決めているのは一部の専門家と称される人たちで、しかもそれにはデータによる根拠がない。いわば「権威」を振り回しているだけだ。それを盲信した政治家たちが経済活動を止めた。



 結果、人々は経済的に困窮してしまった。政府がしたのはバカ高い「不衛生なマスクの配布」ぐらいだ。とにかく自分と大企業の利益になるように「非常事態」を利用している。  


対価なしの休業 経済の破綻へと

 今ここに二つの瀕死の危機がある。

「コロナウイルスの感染死」と、「対価なしの自粛休業による経済破綻死」だ。



 政府は「休業補償」だけでもすべきだ。こちらは人が簡単に防ぐことができる。経済活動は大企業を守るだけで成り立つものではないのだ。



(文章は2020年5月川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを好意を得て転載しています。)







宇都宮けんじさん、都知事選出馬へ!

ぼくは宇都宮けんじさんを信頼している。

この人に東京都知事になってもらいたいなぁ。

こんな苦労してきた人だから弱い人の気持ちがわかるんだと思う。


写真は2012年の都知事選で宇都宮さんの応援演説に伺った時のものです







「これまで多くの都民・市民の方々から都知事選への立候補の要請を受け、徐々に出馬に向けた決意を固めて参りましたが、緊急事態宣言が解除された後に出馬の意思表明をしようと思っていました。今日東京都も緊急事態宣言が解除されることになりましたので、都知事選への出馬を表明させていただきます。」
— 宇都宮けんじ (@utsunomiyakenji) May 25, 2020



おすすめ動画 
"土の中の銀河" 微生物多様性が支える地球生命圏|横山和成


生物多様性が地球温暖化問題も救う可能性を持つのではないか。

この横山さんの話に共感するなぁ。




『3."土の中の銀河" 微生物多様性が支える地球生命圏|横山和成』
https://youtu.be/KAn9tT8dXm4




松枯れ対策 松本市、空中散布を中止 本年度 

そもそも、松枯れに殺虫剤って間違っていると思う。

マツって土が豊かになると弱るんだよね。パイオニアプラントの必然性だと思う。

ともあれ辞めてくれて良かった。



松枯れ対策 松本市、空中散布を中止 本年度 市長「慎重に対処」 | 信濃毎日新聞[信毎web] https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200519/KT200519ASI000005000.php?fbclid=IwAR3hiptk7c89q67BKsQCFEN4zLqka0JcN2hGesHf6J2zvchuwcd_YDqxbjU



松枯れ対策として2013年度から同市四賀地区で続けているネオニコチノイド系薬剤の空中散布を、本年度は中止・凍結すると表明した。
過去の空中散布で十分な効果が確認できていないほか、健康被害への懸念を踏まえて慎重な対応が必要と説明。
今後は薬剤の樹幹注入など他の対策に力を入れるとした。



 臥雲市長は、空中散布の松枯れへの効果について「被害が『微害』から『拡大』に移るまでを1、2年遅らせるにとどまる」との見方を示した。
一方、ネオニコチノイド系薬剤を巡っては「乳幼児の脳の発達に影響を及ぼす恐れがあると警鐘を鳴らす研究グループがある」と指摘。「(被害が)科学的に立証されていない段階でも、慎重に対処する必要がある」とした。



無料公開は5/27まで 

『もっと!フェアトレード 世界につながる私たちの暮らし』

『水は誰のものか』

以前のメルマガでもお伝えしたフェアトレードと、水の2本の動画の無料公開が5/27までとなっています。ご興味のある方はこの機会にお見逃しなく。



PARC映像作品の期間限定無料公開│PARC NPO法人アジア太平洋資料センター http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/free_edu.html?fbclid=IwAR0DDbKd9l4f3v0JmivMnvsZNnZNv_6pWVgQD_uqWlpOYuGSjXPoSvGRPfc より



『もっと!フェアトレード 世界につながる私たちの暮らし』

https://youtu.be/49fhJH5wtYE

フェアトレード──。

途上国でつくられた製品を適正な価格で取引することで、貧困に苦しむ生産者の自立を支える取り組みです。

「強い者」に有利な自由貿易をフェア(公正)なものに変えていく運動でもあります。

日本でフェアトレードが始まって約40年。コーヒーや紅茶、チョコレート、雑貨、衣料品などフェアトレード製品が増えてきた一方、新たな課題も見えてきました。日本の実践者や研究者に活動の成果と課題を聞き、世界の貿易と私たちの暮らしのつながり、生産者にとってのフェアトレードの意義を考えます。

毎年5月はフェアトレード月間。例年であれば、フェアトレードのことを知ってもらうためのイベントが各地で開催されていますが、感染症の影響で大勢が集まることができないいま、映像を通してぜひフェアトレードの実践に耳を傾けてください。


■監修: 渡辺龍也

■ディレクター:嶋野 夏樹/安部 一世

■制作:アジア太平洋資料センター(PARC) 2014年

■分数:33分

■作品詳細・解説資料・DVD購入はこちらから
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/fairtrade.html






--*--*-*--*--*--*--*--*--*--



『 水は誰のものか 』
https://youtu.be/ylIMOWiqASo



地球上のすべての生き物に必要不可欠な水。しかし人類が利用可能な淡水は、地球上の水のわずか0.01%。人口増加や経済開発に伴って、水の使用量は増加する一方で、異常気象や環境破壊、都市化の影響で水資源は急激に減りつづけています。世界には安全な水を利用できない人びとが12億人もいます。さらに経済のグローバル化のなかで、企業による水の民営化・商品化の流れが進行。すべての人が生きていくための権利としての水、地球規模での「公共財」としての水のあり方を考えます。

■制作:アジア太平洋資料センター(PARC) 2005年
■分数:28分

■作品詳細・解説資料・DVD購入はこちらから





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】

【NEW】・第210号:『キーワードは「ウエブ オブ ライフ」 』(2020.5.15)

・第209号:『 ポスト「新型コロナウイルスの集団免疫」を獲得すべき 』(2020.4.30)

・第208号:『「新しい社会へ」』(2020.4.15)

・第207号:『「新型コロナウイルス」にどう対処すればいいのか』(2020.3.30)



田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。

ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。



◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、550円/月

※現在まぐまぐの都合により、 全メルマガのバックナンバーの公開を停止しております。

ご登録、バックナンバーご購入はこちらより

http://www.mag2.com/m/0001363131.html



☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、

直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DMMオンラインサロン  

 『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』

ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」 (河出文庫) http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html



■「未来のあたりまえシリーズ1 ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」 (合同出版)

http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401



■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」 (筑摩書房) http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/



■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)

http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html



★その他これまでの書籍一覧はこちらより

http://www.tanakayu.com/bookslist.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ

田中優公式HP http://www.tanakayu.com/



● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,136人!

「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。 http://www.facebook.com/tanakayupage



● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」

https://twitter.com/_tanakayu



●ブログ 田中優の‘持続する志’

http://tanakayu.blogspot.jp/



●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」 http://www.mag2.com/m/0001363131.html

活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。



●公式オンラインショップ  

https://tanakayu.thebase.in/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□

合同会社OFFICE YU   officeyu2011@ybb.ne.jp