2019.02.15 配信
第691号 「カナダからの見学者 」

□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第691号
2019.2.15発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


2/17(日)は大阪府河内長野市にて田中優講演会があります。
皆さまお待ちしています!
https://tanakayu.blogspot.com/2019/01/blog-post_31.html



Contents
…………………………………………………………………………………

1.天然住宅コラム 『 カナダからの見学者 』
  &基礎断熱の田中優動画

2. 2/23(土)、24(日)天然住宅 無料完成見学会@川崎
  〜自然素材に囲まれた15坪の小さなアトリエ〜

…………………………………………………………………………………



田中優が共同代表を務めます非営利の住宅会社「天然住宅」のHPでは、
田中優のコラム「住まいと森のコラム」を配信中です。

「森を守って健康で長持ちする」住宅や森の再生へのヒントなどが
たくさん入っています。


今回は基礎断熱のお話です。
田中優宅を建築中、カナダから見学者が来られました。


□◆ 田中 優 より ◇■□


天然住宅コラム 第28回 『 カナダからの見学者 』


 先日、カナダの建築家の若い人が建築中の我が家を訪れた。さわやかな外見と
人柄の良さのおかげですぐに親しくなった。ウィリアムさんは日本に3年いると
話した。ところが日本語の方はさっぱりだ。と言ってもぼくの方も英語を10何年
もしているのに話せないのだからおあいこだ。そんな気持ちもあって気楽に話す
ことができた。しかし大変だったのは通訳してくれた岡山在住の新井さんだ。
「『断熱材』って英語で何て言えばいいのかしら」なんて、苦労をしながら通訳
してくれた。


■カナダの基礎断熱


 その彼に基礎断熱の話をしたら、『当たり前だろ?』って顔をして聞いていた。
我が家の断熱材は鉱物で、内側・外側に3センチも塗っていると話したところ、
『カナダでは2メートル断熱するよ、内側と外側で合計4メートルだ』と言って
きた。『しかも土は3メートル掘ってそこから基礎コンクリートを打つのだ』と。
『ぼくの国はケベック州だから冬はマイナス40℃まで下がるんだ』


 土の中の水分が凍結して盛り上がり、さまざまな構造物を壊してしまう現象が
ある。これを「凍上現象」と言うが、この現象を放置して建物を建てたなら、一
冬で建物は壊されてしまう。だから家は凍結しないほど深いところまで掘り、そ
こに基礎を据えるのだ。そしてマイナス40℃という寒さから隔離するために、合
計で4メートルもの断熱壁を設けるのだという。


見学の様子の写真はこちらより
https://tennen.org/yu_column/canada.html



■家づくり古今東西

 「断熱材は何を使うの」と聞くと、発泡系の断熱材を並べるのだと言った。

 「しかし日本でそれをしたら、シロアリの巣になってしまうからできないんだ」
と話した。すると彼は『日本はたぶんカナダより8倍は虫が多いからね』と言った。
『カナダでは虫が多くないから、窓にネットもいらないんだ』と網戸を指差した。
虫の英訳は「インセクト」かなと思っていたら、簡単に「バグ」と話していた。
どうやら虫が少ないせいもあって、虫の種類も気にしていないようだ。


 日本に家を建てるには、この虫対策もとても重要だと思う。そのため我が家で
は基礎コンクリートの上にヒバの土台を透湿防水シートを挟んだだけで直接置い
た。普通なら空気層をつけるところだが、虫対策のために空間を空けなかった。

 その代わりコンクリートの湿気を逃がすために『ソーラーウォーマー』という
装置を取り付けた。これは冬場の日照を熱にして床下に送り込む装置だ。そのた
めの電気も装置自体がソーラーで自給する。さらに「虫返し」を外壁の下に付け、
ムカデが登れないようにした。さらに建物周囲2メートルは舗装することにして、
虫が寄れないようにしている。


 ウィリアムは盛んに「ナイス!」を連発していた。何かを実現しようとすると、
別な問題が生まれてくる。それをさらに先回りして防いでいく。そこに感心して
くれたみたいだ。


〜〜 こちらの動画もご参考ください 〜〜


『田中優宅 古民家から天然住宅仕様へ 
基礎断熱・コンクリート・ソーラーウォーマー説明編』


2/15現在、8,849 回の視聴回数です!


チャンネル「TANAKAYUinfo」
公開日 2016/01/21

撮影日 2015.10.15 岡山 田中優宅にて

田中優宅に導入する新たな試みの断熱方法、ソーラーウォーマー、
セメント比で大きく決まるコンクリート寿命などについて説明しています。


☆内容(書き起こし)☆

 だいぶ住宅の方が進んできて、ここの床を見て欲しいんですが元のコンクリート
の上に断熱材が塗ってあるんですね。普通、断熱材と言うと住宅の外側に塗ったり
床の下に断熱材を入れたりしますが、この家ではそうではなくて、「基礎断熱」と
言って、基礎(コンクリート)そのものに断熱材を塗っています。

 それで内側に塗るだけではなくて、その後に今度はこちら側の外側にも基礎断熱
の断熱材をここの上にも塗っていきます。

 こちらの地域ではやっぱり左官屋さんがきちんと現役でいて、東京などでは左官
屋さんは本当に仕事がなくてみんなバチンバチンタッカーで留めたり、ベニヤ板を
貼ってそれで終わってしまうんですが、こっちの地域ではまだちゃんと左官屋さん
がいるんですね。

 その左官屋さんがこうやって塗って仕上げてくれていますが、その左官屋さんに
話を聞いてみたらとっても面白いことがありました。


 ここのコンクリートを見て欲しいんですが、このコンクリート、普通だと水セメ
ント比で水が65%を入れられるんだけど、ここの場合には「50%」しか入れていな
いんです。50%以下の固練りしたコンクリートだと、コンクリート自体「300年」
使えるようになる、ということで固練りして打ってありますが、何とあまりにも見
事にツルツルに密にコンクリートを打ってあるので、最初に塗ろうとしたら普通の
コンクリートならスルスルと塗れるのに、このコンクリートは滑ってしまって塗れ
ないという事態が生じたそうです。


 でももちろんこんな基礎断熱なんていう例はたぶん全国的にもほとんどないし、
そしてその断熱材のためにこうやって「パーライトを含んだ鉱石」を塗り付けると
いう例もないと思います。

 もちろんその業者さんの方はこんなのは初めてだと言っていて、そしてこんなに
固く打ったコンクリートを見るのも初めてだとも言っていました。


 おかげで今こうやって内側が断熱がされて、そしてこの後床のところに普通断熱
材を入れるんですが、この家では床下には断熱材を入れません。何せ基礎が断熱し
てあるので、その必要がないからです。


 そして、こうやってコンクリートで打ってしまうと、最初の1〜2年はどうして
もコンクリートから湿気が出てくるので、その湿気がずっと上がってきてしまうの
ではないかと普通は心配します。もちろんぼくも心配しました。

 そこでここに穴が空けてありまして、この穴は何かと言うと、「ソーラーウォー
マー」というのをつけるための穴なんです。ここにソーラーウォーマーという窓ガ
ラスみたいなのを置いて、それは外の電源は一切使いませんが、その中にはどんど
ん空気が温まってくると、そのソーラーウォーマーには太陽光発電パネルも少しだ
けついていて、そのパネルで発電をした電気でここからファンで温かい空気を送り
込むんです。

 それをすることによって床下暖房と同じことを実際にやってしまおう、そして床
下で暖房をすると同時に乾燥した空気が入っていくわけなので、それによってコン
クリートの湿度を抑えてしまおう、飛ばしてしまおう、ということで、ここにソー
ラーウォーマーが後から設置されることになっています。


 そんな形で今作っていて、今度は外側のところに左官屋さんが断熱材を塗るんで
すが、これがあまりにもツルツルなので、今度塗る時には多少キズをつけてそのコ
ンクリートの上にその左官屋さんがパーライトを含んだ鉱物を塗りやすくするつも
りだと言っていました。

 ですからこのコンクリートはかなり密に打たれていて、ぼくとしては人に見せた
いコンクリートなんですが、残念ながら断熱材で囲まれてしまうので、外からは今
後は見えなくなってしまうということになる予定です。
それが床についてのこだわりです。


https://youtu.be/Rd6YyrXziO8



☆--★ 天然住宅コラムは 第119回 まで更新中!☆---★  


田中優の「住まいと森のコラム」 
 目次一覧→ http://tennen.org/yu_column 


★☆★ 天然住宅 はこちら ★☆★

ホームページ http://tennen.org/ 

・施工例 http://tennen.org/gallery
・お客様の声 http://tennen.org/voice
・こだわり 〜高断熱適気密・お家で森林浴・工法〜 http://tennen.org/kodawari
・プラン集 http://tennen.org/plan
・見学会のお知らせ http://tennen.org/event
・住宅コーディネートって何? http://tennen.org/coordinate
・資料請求 http://tennen.org/request


他にもたくさんのこだわりがあります。
ぜひHPでチェックしてみて下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2/23、24天然住宅 無料完成見学会@川崎
 〜自然素材に囲まれた15坪の小さなアトリエ〜◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2/23(土)・24(日) 天然住宅のオープンハウス形式の無料見学会を開催します。
(※田中優は都合により出席できません)

 
絶景の高台に、小さなアトリエが完成します。
床面積はわずか『15坪』。


国産杉をはじめ、自然素材をたくさん使った気持ちのいいアトリエです。
 
 
そして今回は初めての試みも。
その名も、”住まいの道具プロジェクト”。
 
最高の家具をつくる静岡の「すまうと」さんとの共同プロジェクトで、
トイレットペーパーホルダーとタオル掛けを製作しました。
 
細部までこだわった、素敵な住まいの道具です。
見学会当日は、すまうとの家具の展示も予定しています。
 
 
★建物データ
敷地面積:160.95平方メートル
延床面積:49.18平方メートル(ロフト、床下のぞく)
間取り:1LDK
工法:木造


■日時

2月23日(土) 13:00〜16:00 
  24日(日) 10:00〜16:00


※2/15現在、24日16時までの回は満席のため募集を締め切りました。
現在お申込み頂けるのはこちらです。
 
23日(土) 13:00〜14:30
23日(土) 14:30〜16:00
24日(日) 10:00〜11:30
24日(日) 11:30〜13:00


■場所

神奈川県川崎市麻生区
(東急田園都市線「あざみ野」駅または小田急線「新百合ヶ丘駅」よりバス)


■参加費 無料

■内容 オープンハウス形式の見学会


■申込 下記フォームよりお申し込みください
https://tennen.org/event/atelier.html


■主催 天然住宅


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DMMオンラインサロン
  『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』


ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,012人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式オンラインショップ  https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html