2018.02.28 配信
第639号 スギに生まれたニホンジン&中国地方の森と「たたら」の関係〜もののけ姫の舞台の虚実

□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第638号
2018.2.28発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


2/25に発行され、2/26にこちらのメルマガでもお知らせしました

『日本の農業をぶっ壊す種子法廃止、なぜほとんど話題にならない?=田中優 』
http://www.mag2.com/p/money/384427/

の反響がすごいことになっています!

マネーボイス ニュース編 アクセスランキング現在2位!
Facebookシェア 11,500超!
twitterリツイート 1,400超!

Facebookが1万超え・・・大変嬉しいです!!

まだの方はぜひご一読ください。
そして拡散頂ければありがたいです。



また、今回のメルマガは今月(2018.2月)に発行しました
田中優有料・活動支援版メルマガのご紹介です。


今月は、通常の2つの記事に加え、
“大感謝キャンペーン2018第3弾”としてご購読者様へのプレゼントなどもあります。


本日中(2.28)のご登録で、2月分はすべて無料でお読み頂けます。
この機会にぜひご登録を頂ければ嬉しいです。

http://www.mag2.com/m/0001363131.html


本日発行しました「たたら」と「もののけ姫」などのお話は、
2/24〜25に島根に取材をしてきたばかりの記事です。


2/15号の「スギに生まれたニホンジン」は、
ご購読者様より「ロマンがありますね(^-^)」とご感想を頂きました!


日本人の暮らしと森との関わり・・
今改めて見直してみませんか?



-----------------------

2/15発行 第156号 「スギに生まれたニホンジン」

-----------------------


■なぜ岡山の森は貧弱なのか


 自分は東京都の三多摩地域に生まれて、東日本大震災で福島原発が事故を起こ
すまで東京周辺に住んできた。そんなことがなければ、おそらく東京から離れる
ことはなかっただろう。しかし事故は否応なしに転居を強いて、少しでも放射性
物質の直接的被害を軽くするために西に逃げるしかなくなった。

 偶然に友人に探してもらった土地を縁に、今の岡山県和気郡に越してきた。
初めて大掛かりな転居をして少しすると、やっと今の土地に感じる違和感に気が
付いた。そう、森が浅いのだ。東北地方で目にするような「永久」を感じさせる
ような深い森ではなく、緑は多いのだが山には岩場が透けて見えている一方で、
空いた土地を争うように木々が侵入しようとしている。

 「これはどうしたことなのだろう」と思い始めたのは、少し経ってからのこと
だった。岡山は戦後、マツタケの産地として知られていた。また備前焼などを焼
くのに適したアカマツが生えていた。ところが今や、アカマツは枯れ、マツタケ
も採れなくなった。どうしたことなのだろう。

 そうして気づいたのは、岡山というより中国地方全体の森が若い森に覆われて
いるということだった。なぜか。 ・・


他項目

■ 「三瓶小豆原埋没林」とスギ

■ 「大徳醤油」さんとスギ

■ ミイラの棺とスギ



--------------------------------

2/28発行 第157号 

『中国地方の森と「たたら」の関係 〜「もののけ姫」の舞台の虚実〜』

--------------------------------


 中国地方の森は、「たたら製鉄」以前、「シシ神」が守るような太古の森に覆
われていた。その姿を見られるのが「埋没林」なのだ。三瓶山が噴火する前の森
の姿は、スギの巨木に守られるような明かりの射さない森だった。鉄器が作られ
る前の時代、人々はスギの巨木を見たとしてもどうすることもできなかった。
しかもスギの森は暗く明かりが差さず、昆虫もキノコも少ないから活用できるも
のがない。スギは建物にするなら使えただろうが、鉄器以前の時代にはどうする
こともできなかったから、役立たずの森と思えただろう。

 しかし中国や朝鮮半島から鉄器の作り方が伝来すると、その姿は大きく変わる。

(中略)

 おそらく太古からの森は鉄の伝来、または製鉄の始まりの時期と重なるはずだ。
そして鉄器が一般化すると、『古代の産業革命』のようなものであらゆるものの
生産の効率が上がり、同時に環境を著しく変化(破壊)していくことになっただ
ろう。同時に木炭と砂鉄を必要とすることから、山は伐られ、削られて平らにな
り、川には「鉄穴流し(かんなながし)」のせいで土砂が膨大に流された。
「もののけ姫」の映画では「足踏み式のたたら製鉄」が行なわれているから江戸
時代以降となるが、森はそれよりはるか前に壊されていたはずだ。(本文より)


■ 島根の「小豆原埋没林」

■ 森を大きく変えたのはいつか

■ 地形を激変させた「たたら製鉄」

■ なぜ中国地方の森は浅いのか

■ (現地でしか買えない本) 「森のことづて」 を販売します!

■ 今回取材した場所のパンフレットと写真




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第157号「中国地方の森と「たたら」の関係 〜「もののけ姫」の舞台の虚実〜(2/28号)

・第156号「スギに生まれたニホンジン」(2/15号)

・第155号「水問題というトリック」(1/30号)

・第154号「何のための水道民営化なのか」(1/15号)

・第153号「2018年の未来像」(12/30号)

・第152号「「大地の再生」を考える」(12/15号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,866人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式web shop https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html