2018.02.09 配信
第636号 『 無煙炭化器 』

□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第636号
2018.2.9発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


Contents
…………………………………………………………………………………

1.『 無煙炭化器 』

2.東電の津波対策拒否に新証拠 原発事故の9年前「40分くらい抵抗」

3.東京電力が4月以降の「家賃」支援制度で福島県に50億円寄付へ

4.世界の太陽光コストは2020年までに半減、化石燃料を下回る水準に

…………………………………………………………………………………


田中優が共同代表を務めます非営利の住宅会社「天然住宅」のHPでは、
田中優のコラム「住まいと森のコラム」を配信中です。

「森を守って健康で長持ちする」住宅や森の再生へのヒントなどが
たくさん入っています。


今回は、田中優が炭作りのために購入した、面白いモノのご紹介です。
ご使用の際は、前髪にご注意を(笑)



□◆ 田中 優 より ◇■□


天然住宅コラム第70回 


『 無煙炭化器 』(むえんたんかき)


■庭で炭づくり 
 

 岡山の家に戻ると庭に出たくて仕方ない。何かというと「炭作り」をするためだ。
炭作りをするのに便利な「無煙炭化器」を買ったためだ。この炭というモノの魅力
に憑りつかれてしまっている。といっても芸術的なものではなく、ほとんど焚火の
ようにして燃やしている。


写真はこちらより
http://tennen.org/yu_column/sumi.html


 モキ製作所というマニアックなものを作っている会社で、炭の作れる簡易なもの
を売っていることを知り、また天然住宅に住んだ建て主さんでそれを自作した人も
いて、ぜひ自分でもやってみたいと考えていた。幸い田舎だし庭も広い。しかも無
煙となれば買わない手はないだろうと思った。


 インターネットで購入して家に届いたのは大きな箱だった。開いてみると、なん
と底が抜けた鉄板を丸めたもので、「えっ、これ?」という感じだった。ところが
使ってみると炎の輻射熱を反射してどんどん燃える。炎が収まるころには空気の入
らない下から順に炭になり、そのまま炭の集まりを庭に放置している。雨ざらしに
して炭を中性にするのだ。



■テラ・プレタ(黒い土)


 もともと炭のすごさに感動していた。アマゾンの「テラ・プレタ(黒い土)」と
いうものは、連作障害を起こさない土だ。それは2002年になってやっと人間の手に
よって作られたものであり、栄養のない赤い粘土層に低い温度で焼かれた炭と木酢
液の混ぜられたものだとわかった。作られたのは4000年から6000年以上前からのも
のだと。するとそのテラプレタが土中のミネラル分を集めて保存し、数千年経った
今も傷まない土を維持するのだと。


 まだこれを、今の人間の科学技術は復元できていない。しかも木材の炭素分の8
割を炭として保存し、フランス政府は地球温暖化対策の決定打として「炭素保存型
農法」を提唱する。昨年末の「COP22」会議でのことだ。この対策を持っていたから、
フランスは気候変動枠組み条約を取りまとめたのではないかと考えてしまうほどだ。
何しろ現在の農業に、たった0.4%だけ余分に炭素を含ませるだけで、現在地球上で
排出されている二酸化炭素の75%を吸収できてしまうというのだから。


 友人の菌ちゃん農法を進めている吉田俊道さんも、今テラプレタの実験を始めて
いる。少なくとも作物を豊かにし、病害虫を防ぐ効果があるとなっては、やってみ
ないわけにはいかないだろう。その話を伝えたぼくとしては、自分でもやってみた
いわけだ。



■注意事項


 ものを燃やすのは楽しい。根源的なところで楽しみなのだ。幸い、昨年伐採した
竹の束がいい具合に乾燥している。炭作りの失敗から学んだことを伝えよう。


1.燃やす材は同じ程度の太さを選ぶ。
  そうしないと炭ができた頃に細い材は「灰」になってしまう。

2.よく乾燥させた木材にするために、早めから伐っておこう。

3.家に届く段ボールは焚き付けになるのでとっておこう。

4.火付きが良いので前髪に注意しよう。
  そう、炭焼きの後、ぼくの前髪は見事に天然パーマがかかっていた。




※株式会社モキ製作所  http://moki-ss.co.jp/
 
    〃 無煙炭化器 ページ http://moki-ss.co.jp/index.php?id=13


こんな投稿もあります。

「無煙炭化器の実力を見てきました」
 http://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/blog-tiiki/2014/2015-02/_4187.html



☆--★ コラムは第96回まで更新中!☆---★  


田中優の「住まいと森のコラム」 


■目次一覧 http://tennen.org/yu_column 


第1回 住むんだったら健康な家がいい
第2回 そのどこがエコなの?
第3回 天然住宅は高い?
第4回 蚊を殺すのにバツーカ砲
第5回 いい湯だな、バハン
第6回 次の世代に引き継げる林業に
第7回 本物「小林建工」さんとの出会い
第8回 日本ミツバチ
第9回 カビを寄せつけない技術
第10回 温泉三昧、雨ときどき間伐
第11回 小屋礼賛
第12回 皮むき間伐の弱点
第13回 低周波騒音問題
第14回 上下階騒音問題
第15回 住宅リテラシーを
第16回 湿気で溶けていく家
第17回 住宅貧乏
第18回 家を担保にした超・長期ローンを
第19回 「私、研究所の者です」
第20回 鉄筋にアースを
第21回 太陽パネルの電気自給は「冬場」が大事
第22回 男なら天然住宅!
第23回 男なら天然住宅!~男ならスペックにこだわれ~
第24回 男なら天然住宅〜男なら「マイホーム主義」〜
≪番外編≫寺田本家さんに共感する
第25回 暮らしに家を合わせる
第26回 次の世代の住まいとは
第27回 「未完」の家
第28回 カナダからの見学者
第29回 気候の事情、個人の事情
第30回 健康を害さない防音ルーム
第31回 電力自由化でどこを選べばいいの?
第32回 エアコンは「熱を電気でつくる」もの?
第33回 電力自由化を契機に節電を
第34回 24時間換気の不要な家
第35回 「カネを出せば買える家」じゃない
第36回 「普通の」家
第37回 自宅の完成見学会
第38回 森を守って、健康長持ち
第39回 ネオニコ住宅の恐怖
第40回 ベランダって必要なの?
第41回 年収300万円台からのマイホーム
第42回 抵当権を登記しない融資を
第43回 木造の「継ぎ手」が同じという不思議
第44回 伝統大工は頑固なままで
第45回 木材に要注意
第46回 楽しいハイブリッド林業
第47回 自立的なウマ、琴姫
第48回 この世にムダなものはない
第49回 天然住宅にすむのに必要なもの
第50回 ホタル族、ホタルに会う
第51回 ホームバイオガス
第52回 いびきが消えた
第53回 高知県興津海岸は、こうして残された
第54回 太陽温水器の裏ワザ
第55回 「Low-Eガラス」の功罪
第56回 不都合を楽しむ
第57回 音と暮らす生活
第58回 においの環境問題
第59回 空気が吸えない恐怖
第60回 秋雨前線と電気不足
第61回 家が変わると暮らしが変わる
天然住宅バンク出資のお願い
第62回 湘南発、未来へ
第63回 おカネに頼らず暮らす
第64回 虫対策、その後
第65回 おカネに依存しない暮らし、自営
第66回 おカネに依存しない仮想通貨
第67回 天然住宅はホコリが少ない?
第68回 住宅教育が必要だ
第69回 住宅費用のイニシャル、ランニング
第70回 無煙炭化器
第71回 偉いぞ、炊飯器
第72回 中国のシックハウス問題
第73回 のらぼう菜
第74回 孤独になる?自給生活
第75回 「自給住宅」と食べ物
第76回 ガーデンパーティー
第77回 「自給の家」の「たべるにわ」
第78回 「居ていい場所」というコミュニティー
第79回 我が家の庭でBBQ
第80回 自給の家と「たべるにわ」
第81回 連休は出かけちゃダメ?
第82回 ネオニコチノイド農薬ふたたび
第83回 松枯れにネオニコチノイド農薬散布は無意味だ
第84回 ネオニコチノイドが水を汚染する
第85回 不吉な虫、その名も「死番虫」
第86回 湿気のない腐らない家
第87回 阪神淡路大震災のあった土地は危険?
第88回 病気の話
第89回 ヒノキチオール
第90回 美意識の差? 宮大工と船大工
第91回 電気不足の日
第92回 ローカルイベント
第93回 「日本一の駄菓子屋」発見
第94回 伊豆の「進化する家」
第95回 家の分母
第96回 「すまうと」さんの家具



★☆★ 天然住宅 ホームページはこちら★☆★
http://tennen.org/ 

・施工例 http://tennen.org/gallery
・お客様の声 http://tennen.org/voice
・こだわり 〜高断熱適気密・お家で森林浴・工法〜 http://tennen.org/kodawari
・プラン集 http://tennen.org/plan
・見学会のお知らせ http://tennen.org/event
・住宅コーディネートって何? http://tennen.org/coordinate
・資料請求 http://tennen.org/request


他にもたくさんのこだわりがあります。
ぜひHPでチェックしてみて下さい。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆東電の津波対策拒否に新証拠 原発事故の9年前「40分くらい抵抗」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

この記事で、実は東電は地震の起こる可能性を
少なくとも知ることのできる地位にあったことが明らかになる。

だったらそれまでの判決や判断などは、
全部瑕疵があるのだから取り消してやり直す必要がある。

そうじゃないとごまかし得、隠し得、不正をするのが一番の方法になっちゃうよ。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「東電の津波対策拒否に新証拠 原発事故の9年前「40分くらい抵抗」」
 https://dot.asahi.com/aera/2018013000005.html?page=1  より


 東京電力福島第一原発事故の被災者らが起こした損害賠償を求めている訴訟で、
被告の国が千葉地裁に、ある電子メールを提出した。そこにはこんな“発言”が
記されている。


「福島沖も津波を計算するべきだ」(原子力安全・保安院の担当者)

「40分間くらい抵抗した」(東電社員)


 問題なのは時期だ。メールは福島第一原発事故の9年前の2002年8月のもの。
保安院の要請を東電が拒み、津波対策が実施されなかった様子がよく伝わってく
る。これまで東電は津波対策の検討を始めたのは07年と説明していたはず。とこ
ろが、さらに5年も前に対策に着手する好機をつぶしていたというわけだ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆東京電力が4月以降の「家賃」支援制度で福島県に50億円寄付へ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

「東電が寄付してくれてありがたい」なんて思うかよ。
犯罪者が寄付して免罪されるのと同じことだ。
寄付じゃなくてちゃんと賠償しろよ。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「東京電力が4月以降の「家賃」支援制度で福島県に50億円寄付へ」
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180125-238172.php


 東京電力福島第1原発事故で避難指示を受けた住民への家賃賠償に代わる4月
以降の支援制度を巡り、東電が県に約50億円を寄付する方向で調整しているこ
とが24日、関係者への取材で分かった。県は寄付金を基に、公的な仕組みとし
て家賃を支払う新制度を創設する。

 東電の家賃賠償は3月末で打ち切られるが、県による仮設住宅の無償提供が
2019年3月まで延長されており、支援格差が生じないよう新制度を設けて
家賃の支払いを1年間続ける。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆世界の太陽光コストは2020年までに半減、化石燃料を下回る水準に ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

太陽光発電がさらに価格低下している。
日本で安くならないのは「固定買取制度」があるからなんじゃないのか。
良かれと思ったことが桎梏になったのかも。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「世界の太陽光コストは2020年までに半減、化石燃料を下回る水準に」
 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1801/22/news045.html


 IRENAが世界の再生可能エネルギーのコスト試算をまとめた報告書を発表。
2020年には太陽光と風力発電の一部は、化石燃料を下回るコストを実現すると
予測している。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第155号「水問題というトリック」(1/30号)

・第154号「何のための水道民営化なのか」(1/15号)

・第153号「2018年の未来像」(12/30号)

・第152号「「大地の再生」を考える」(12/15号)

・第151号「懐かしい金沢への旅」(11/30号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,848人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式web shop https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html