2017.06.15 配信
第596号 共謀罪成立

□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第596号
2017.6.15発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


※このメルマガは転送転載、大歓迎です。


【前号の訂正】

「松本の農薬散布を考えるおかんの会 Facebookページ」 
のリンク先が切れていまして接続できなかったようです。

正しいアドレスはこちらです。
https://www.facebook.com/MATSUMOTONONOYAKUSANPUWOKANGAERUOKANNOKAI/

お詫びして訂正いたします。(スタッフ)


Contents
…………………………………………………………………………………

1.田中優より 「共謀罪成立」

2.6月17日(土)天然住宅無料見学会+セミナー@埼玉
   〜木製オープンキッチンのある家 〜

3. 幕張メッセで33ヵ国参加の国際兵器見本市

4.水道料金、6割の値上げ必要 政投銀が今後30年を試算


…………………………………………………………………………………



□◆ 田中 優 より ◇■□■□


共謀罪成立
 
 今日は共謀罪の成立した日だ。戦後の焼け野原から新しい社会を求めてきた時
代の終わる日だ。もちろんこれは悲劇だが、一方で再建の日の始まりでもある。
本当に自由と民主主義を求める勢力が、新たな時代を作り始める日でもある。
 

 昨日までの、ただ数とカネと権力に寄り掛かった考えることをしない人たちの
時代から、誰もがきちんと自分の考えを持つための始まりの日でもある。法は廃
止できる。それを目指すことも大切だが、死文化させることも重要だ。すなわち
適用できない状況を作ってしまうことだ。立法機関(国会)は法を作ろうとする
が、実際には使うことのできなかった法文もたくさんある。本来廃止すべき法が
放置されたままになっている事例もたくさんあるのだ。つまり立法は万能ではな
いのだ。
 

 憲法は生き続けている。憲法は、憲法に反する法の制定を禁止している。
だから共謀法が違憲となれば、法の側が効力を失う。それが違憲立法審査権の趣
旨だ。ただしそれは個別の事件によって審査されるので、まず法によって罰せら
れる事件が先になければならない。しかしそれが明瞭に違憲であるとすれば、
行政側もその法を使うことに消極的になる。つまり死文化するのだ。

 
 共謀法の成立によってそれを「忖度」し、自己規制することが最も危険な変化
となる。抵抗は特別なことをすることではない。今まで通りに暮らすことだ。
大切なのは自己規制せずに今まで通りに在ることだ。そうすることが最大の共謀
法適用に対する規制になる。特別な事情がなければ「違憲立法」となる可能性が
高まる以上、法を使うことができないからだ。

 
 抵抗は特別なことではない。法が存在しなかったときと同じように暮らすこと
だ。そして、もしそれが共謀罪の適用対象になったならば、違憲立法だと主張し
よう。なんだか大きな段差を乗り越えてしまったように感じるかもしれないが、
実は事態はあまり変わっていない。それが浸透するならば、次に法を廃止させよ
う。

 危険なのは委縮すること、自己規制することだ。メディアがダメになったと聞
くことも多いが、実はテレビ視聴率、新聞購買数ともに減り続けている。今や最
大のメディアがSNSやブログなど、インターネットに移行しつつあるのだ。
そう、自らがメディアになればいい。
 

 違う状況になってはいても、私たちには別な次元の自由がある。
そこに次の時代の萌芽がある。
 

2017.6.15 記  



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆6月17日(土)天然住宅無料見学会+セミナー@埼玉
   〜木製オープンキッチンのある家 〜 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


埼玉県鶴ヶ島市にて築2年目のお住まい見学会を開催します。
天然住宅グループ会社、(株)アンビエックスによるフリー設計のお宅です。

 
建て主Iさまのご家族構成は、30代のご夫婦、そして小学生の男の子2人。
建物面積は2階建て約24坪とけっして広くはないものの、2階は3部屋確保しました。
ロフトは階段で昇れる仕様にしたことで、収納力がアップしています。
オーダー製作の木製オープンキッチンや洗面室等のタイル、建具の取っ手、照明
など、至るところに建て主さまのこだわりが光っていて、見ていてワクワクします。
 

お住まい見学会は、建て主さまの暮らしぶりを実際に見たり聞いたりできる
貴重な機会です。
Iさまのお宅は物が少なく、選ばれる家具などもセンスがよくて、
すっきりとカッコよく暮らされているのが伝わってくる家です。
いろいろと参考にしていただけたらと思います。
 

今回の見学会、午前の部は代表の相根が、午後は共同代表の田中優のセミナーも
予定しています。

たくさんの方々のご参加をお待ちしています!

  
★建物データ
敷地面積:87.10平方メートル
延床面積:91.10平方メートル(内:ロフト9.94平方メートル)
間取り:3LDK
工法:木造(強化筋交い)
設備:太陽熱温水器・ペレットストーブ


■日時  6月17日(土)
 午前の部:午前10時30分〜12時30分
 午後の部:午後2時〜4時

■場所
 埼玉県鶴ヶ島市(東武東上線「鶴ヶ島」駅より徒歩12分)

■参加費 無料

■内容
午前の部:お住まい見学会+相根昭典セミナー
午後の部:お住まい見学会+田中優セミナー

■お申込み
下記フォーマットからお申し込みください。後日ご案内メールをお送りします。
http://tennen.org/event/turugashima.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆幕張メッセで33ヵ国参加の国際兵器見本市 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優
「人が殺し合うのが戦争、そのためのものが兵器。
その見本市を日本でやるなんて。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「幕張メッセで33ヵ国参加の国際兵器見本市、ママの会や武器輸出反対ネットワークが抗議」
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20170613-00072050/
(フリージャーナリスト 志葉玲さん 2017.6.13)


「MAST Asia 2017」は、隔年おきに開催され、毎回数十か国から軍関係者や技術者
が集まり、数千人規模が参加するという国際的な兵器見本市だ。武器や兵器の輸出
を禁じた武器輸出三原則を安倍政権が撤廃し、兵器産業への公的支援を「成長戦略」
と位置づけた2014年以降、こうした兵器見本市への日本企業の参加も目立つように
なった。

 MAST Asia 2017には、米国や英国、イスラエルや韓国、インドなど世界33ヵ国か
ら軍需企業や軍関係者が参加。後援するのは、日本の防衛省、経産省、外務省だ。
世界最大規模の軍需企業「ロッキード・マーティン」、フランスの軍需企業「タレ
ス」、さらにオスプレイの開発元として有名な「ベル」が主なスポンサーとなり、
会場内の展示には三菱重工やNEC、日立製作所などの日本企業も参加している。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆水道料金、6割の値上げ必要 政投銀が今後30年を試算 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優

「我が家は井戸にしたので水道料負担の必要はないが、税負担からは取られる。
なんで水道が民営化されて海外のハイドロ(水)マフィアに売られたのか
見えるような話だ。

もうひとつ思うんだけど、水のような必需品を広域化すべきではないと思う。
もちろん電気も。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「水道料金、6割の値上げ必要 政投銀が今後30年を試算」
http://www.asahi.com/articles/ASK634JTBK63ULBJ004.html (朝日新聞 2017.6.30)


 人口減に伴う需要減や、老朽化した施設の更新に費用がかかるという課題に直面
する水道事業。赤字を出さずに継続するには、約30年間で6割の水道料金の値上
げが必要との試算を日本政策投資銀行がまとめた。水道網の維持のため、厚生労働
省は事業の広域化を促している。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第139号「「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(下)」(5/30号)

・第138号「「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(中)」(5/15号)

・第137号「「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(上)」(4/30号)

・第136号「住まいを快適にするためのヒント(下)」(4/15号)

・第135号「住まいを快適にするためのヒント(上)」(3/30号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

<<2017.1.9発売>>
■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,728人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html